売却ガイド

売却ガイド

  • 01 仲介会社に査定依頼
    • 予定通りの期間内に売却するには、物件を探している人にとって納得できる価格で売り出す必要があります。
    • そのためにプロの冷静な判断が欠かせません。仲介会社に査定を依頼することから売却をスタートさせましょう。
    • 周辺の物件と比べて適正な価格でなければ購入を希望する人は現れません。その「適正な価格」が、仲介会社が出してくれる査定価格です。
    • 売却を急ぐなら早く売れるように査定価格も低めにするなど、売主の事情や売却条件なども査定の要素になります。
  • 02 仲介会社を決める
    • 売出し価格の決定や買主との交渉、契約まで、各手続きへのフォロー、貴重なアドバイスをしてくれるのが、仲介会社の営業マンです。
    • 仲介会社は、下記のように買主を探し、諸条件の交渉を経て、契約までフォロー致します。
    • 売主は仲介会社の豊富な知識や経験から、適切なアドバイスを受け、互いに納得した上で売却を進めていくことが大切です。
    1. 指定流通機構への登録や広告を出すなど営業活動を行う。
    2. 一定のタイミングで売主に状況を報告
    3. 場合によっては、価格の調整
    4. 購入希望者との交渉・条件の調整
    5. 重要事項説明書の作成、重要事項説明、契約の進行
    6. 代金支払い等への立ち会い
  • 03 仲介会社と媒介契約
    • 仲介会社を決めたら媒介契約を結ぶ。媒介契約には、一般、専任、専属専任媒介の3タイプがあり、それぞれ特徴があります。
    • 市況などによってどれが有利かは異なりますが、今は仲介会社が力を入れやすい「専任」「専属専任」が適しています。
    • 主な特徴として
    • 【一般媒介契約】
    • 複数の仲介会社に依頼可能、売却のための活動は行いますが義務や拘束はありません。
    • 【専任/専属媒介契約】
    • 売却依頼は、1社に限られます。媒介契約後決められた期間内に指定流通機構に売却物件の登録必要。専任は、自ら買主を見つけることが可能ですが、専属専任は不可。
  • 04 販売活動の開始
    • 仲介会社と媒介契約を結び、売り出し開始。仲介会社の活動によって物件に興味を持ってくれる人が現れたら、今度はあなたが頑張る番です。
    • 営業マンのアドバイスを受けて部屋を片付け、自信を持って物件を見てもらいましょう。
    • 営業マンはスムーズに売却するためにいろいろと手助けいたします。物件の長所や修繕等事前に営業マンへご相談下さい。
    • 【オープンルーム】
    • 自宅を開放し買い主を広く見つけるのに効果的です。
  • 05 購入希望者と売却交渉
    • 購入希望者が現れたら売却の条件を交渉。特に重要なのは、価格、代金の支払日、物件の引き渡し日。
    • 仲介会社に時前に「希望と譲れる範囲」を伝え、譲れる範囲なら仲介会社を通して交渉を進めてもらいましょう。
      1. 【1.価格】
      2. 値下げを要望されるのは、必至ですが、売却価格は買い換えの予算に影響するので慎重に対応したいものです。営業マンにご相談下さい。
      3. 【2.代金の受け取り時期、引き渡し日】
      4. 買い換え先の物件の引き渡し日や代金支払い等の日程の調整について充分に営業マンにご相談下さい。
  • 06 売買契約の締結
    • 購入を希望する人の交渉が成立したら、重要事項説明に立ち会ったあと、晴れて売買契約を結ぶことになる。
    • ここでは売主側の重要事項説明書や契約書のチェックポイントを整理し、契約への臨み方を押さえておきましょう。
    • 契約までに照明器具などの付帯設備について、外すのか、残すのか確認しましょう。
    • 仲介業者には一覧表がありますので事前にチェックしておくと便利です。
    • また、物件に瑕疵があると引き渡し後に修理を要求されるケースもありますので事前に営業マンにご相談下さい。
  • 07 代金受取と引渡し
    • 売買契約を結んだあとに残された手続きは、売買代金の受け取りと物件の引き渡し。
    • 買い換えを成功させるには、購入と売却のタイミングを計ることも欠かせません。
    • 理想的なタイミングの取り方やテクニックを押さえましょう。
    • 物件代金の受け取りと物件の引き渡しは、買い換えで購入する物件の代金支払いや入居とのタイミングを計り、双方同時が理想的です。
    • 引き渡し日については、新居への入居時期などを考慮に入れ営業マンにご相談下さい。